怒涛の体験ざんまい!壱岐をまるごと楽しんじゃいました♪

e0198197_1104931.jpg 壱岐は、郷ノ浦町、石田町、芦辺町、勝本町の4つの町から成り、それぞれ各町ごとに特色を持つ魅力たっぷりの島。
漁業・農業が盛んで、島の北と南で異なる顔を見せる豊かな自然、そして島内に点在する旧跡の数々。
壱岐には私の知らない魅力で溢れていました。
 今回は「壱岐体験型受入協議会」の方々のご協力のもと、1泊2日で全ての町を回り、農漁業・工作体験をするという、かなり欲張りスケジュールで体験をしてきました!


1日目

e0198197_1125651.jpg日本の快水浴場100選や日本の渚100選に選ばれている筒城浜、そしてマリンスポーツの穴場として人気が高い大浜、錦浜を散策しました。
午前中に回ったので、写真には海の青さが分かりづらいですが、午後になると太陽の光が反射して、それはそれは美しいブルーに輝くそうです。
ブルーに輝く光景が見れなくて残念ですが、それぞれ甲乙つけ難い渚はとても美しかったです!
◀画像は錦浜海水浴場。


e0198197_1134774.jpge0198197_114476.jpg

砂浜はもともと貝が何百年も掛けて砕けたもの       原の辻ガイダンス。こちらでは原ノ辻遺跡の発
だそう。                              掘の歴史や、観光・物産が紹介されています。
だからとてもサラサラとした感触でした。

 
e0198197_1185287.jpge0198197_119344.jpg

原の辻ガイダンスでは土器作りが行われていま       急遽、勾玉作り体験をさせていただきました!
した。紐状にしたものを輪っかにして重ねて          大まかに勾玉状にカットされたものを、
作っていくそうです。                        勾玉らしく丸くヤスリ掛けして整えていきます。





e0198197_1116524.jpge0198197_11161863.jpg
30分程ヤスリ掛けして勾玉ができました~         偶然にも発掘作業を目撃!
紐の色は好きな色を選ばせて頂きました。         ちょうど新たな場所の発掘作業が始まったばかり
一番人気という紫色にしました。               とのこと。
                                   まだまだ埋もれている遺跡があるのだそうです。
【原の辻一支国王都復元公園原の辻ガイダンス】
 TEL:0920-45-2065


昼食作り!

e0198197_1120866.jpge0198197_11201720.jpg
壱岐地区生活研究グループ連絡会の方々の指導     大豆と大豆のつけ汁をミキサーにかけ、袋に入
により、壱州どうふと卯の花、アラカブのワタ         れて絞ります。これで分離した液体が豆乳、
の味噌汁を作りました。                     袋の中身がおからになります。
                                   袋が破れておからが飛び出しそうになりました。


e0198197_11221441.jpge0198197_11222529.jpg
ざる豆腐にしていただきました!                ジャジャ~ン!お昼ご飯の出来上がり。
壱州どうふの特徴は、にがりではなく海潮を使        壱州どうふにアラカブのワタの味噌汁、卯の花、
うところ。                              きんぴらに黒米ご飯という豪華メニューです♪
ほんのり塩味だから、お醤油を掛けずにそのま       美味しかったです!
ま美味しく頂けます。


e0198197_11243492.jpge0198197_11244423.jpg
真珠の核入れ作業を見学しに上村真珠さんへ。       真珠の核入れ作業中。とても繊細な手つきで、
初めて真珠が出来るまでの工程を知りました。        作業も早い!
美しいものは、本当に手間と時間が掛かるもの       
なんですね。                           【株式会社上村真珠】 TEL:0920-47-0468


野菜の収穫体験

e0198197_1127376.jpge0198197_1127142.jpg
今日泊まらせていただく民宿の農園で収穫体験       次はピーマンとかぼちゃを収穫。
をしました。                             今日の夕ご飯に天ぷらにして頂きます。
まずは茄子をゲット!


e0198197_11282977.jpg
唐辛子も綺麗に色づいていました。
収穫、収穫!

さてさて、
あれこれ収穫していると、ちょうど夕暮れ時になり、
魚釣り体験に適した時刻に。
夕ご飯の食材となるので、何が何でも釣らなければ!


竹竿での魚釣り体験!

e0198197_1130728.jpge0198197_11301830.jpg
渡良浦にて魚釣り体験。                     私をあざ笑うかのように、うまいこと餌だけ食べ
皆釣れるのに私だけなかなか釣れない!           て逃げる魚たち。そこに姿が見えてるのに!
夕食危うし!


e0198197_1132512.jpge0198197_11321446.jpg
「壱岐体験型受入協議会(うけきょう)」の           本日の釣果。私は結局2尾。ほどんどうけきょう
皆さんも一緒に釣り体験をしました。              の皆さんの成果です。トホホ。(>_<)
私以外釣れてる…(;一_一)



e0198197_11364832.jpge0198197_1137226.jpg
民宿に戻り、アジの捌き方体験。(画像は先生        夕方に収穫した野菜の天ぷらの下準備。
の手本です)捌いたアジは天ぷらとお寿司へ。


e0198197_11383028.jpg
うけきょうのスタッフの方でお寿司屋さんで修業された方がいて、なんとアジのお寿司を作ってくださいました。(*^_^*)
さすがの手さばき!


e0198197_11393445.jpge0198197_16503128.jpg
ジャーン!出来上がったアジのお寿司。            民宿の農園で採れた野菜を天ぷらでいただき
2貫だけ私が捌いたものがあります。              ました。
遠近法で誤魔化しました(;一_一)


2日目 魚市場見学

e0198197_114238.jpge0198197_11421965.jpg
朝の4:30に起床し、郷ノ浦魚市場のセリを見       うにめしで有名なはらぼげ食堂さんを訪れました。
学に行きました。私にはセリ人の方の言葉が       はらほげ食堂は、ながさき地産地消こだわりの店
全く聞き取れませんでした。                 として、認定を受けたお店です。
セリ落としていくスピードが速い!             今回はセリ落とした魚を捌くところを見学。
                                  なんと、サメの捌き方を教えていただきました。


e0198197_11442767.jpge0198197_11443798.jpg
はらほげ食堂のご主人は、4~5箱にいっぱいの       カニのオスとメスの見分け方を教わりましたよ。
魚を、午前中にはすべて捌ききるそうです。          左がメスで右がオス。
そのスピードたるや、見事!                   ポイントはお腹。左のお腹は蓋のような形状に
                                    なっています。ここに卵があるそうです。
                                    なるほど~


e0198197_11462227.jpg捌き方の手本として見せていただいた魚やカニを、朝ご飯としていただきました。(朝とは思えないほど豪華!)
サメは湯引きにして味噌だれで頂きました。
壱岐ではサメ料理はお祝いの席で出されるそうです。
わたくし、サメ料理を初挑戦。思ってたより臭みはなく、コリコリして美味しかったですよ。
【うにめし食堂 はらほげ】 TEL:0920-45-2153


勝本浦を散策しました

e0198197_11482237.jpge0198197_11483338.jpg
勝本町にあるイルカパークへ行きました。           イルカのジャンプショーを見学しました。
こちらでは1日に4回イルカショーを開催。           空中に舞う瞬間を激写!
この日はイルカクイズを行っており、クイズに         ジャンプが得意なエアちゃんでした。
正解した男の子が、イルカ(女の子)にチュー
して貰ってました。かわいい!(*^_^*)           【イルカパーク】 TEL:0920-42-0759


e0198197_11501444.jpge0198197_11502512.jpg
漁師まちである勝本浦を散策。                 こちらは聖母宮。
画像は神功皇后の馬蹄石。                  神功皇后を祀った、島内有数の古社。建立は
神功皇后が三韓出兵の折、気合いを入れたとき、     奈良時代初期と推定されています。
乗っていた馬にも気持ちが伝わり、馬蹄をのせ       壱岐に行って感じたことですが、壱岐は神社や
ていた石に穴が開いたと伝えられているもの。       お寺が非常に多い!島内にいたるところに
確かに馬の蹄のような窪みがありました。          こういった神社やお社、お寺が見られます。
                                   今、パワースポットめぐりとして、若い女性に
                                   人気だそうです。


e0198197_11534582.jpge0198197_11535499.jpg
聖母宮の参拝前の手洗い所。                勝本漁港の漁船群。本日は船が出払っているとの
本物のあこや貝を利用して作られており、大き       ことですが、多いときには500隻を超える漁船が
さは1メートル近くありました。                 停泊するそうです。スゴイ!
龍の彫刻とマッチしてかっこいい!



 壱岐では、教育旅行での受け入れが盛んということもあり、島の方々のお話も面白く、気軽に声を掛けてくださいます。まるで島全体で迎えてくれているよう。
 今回は1泊2日で体験三昧という強行軍で壱岐をご紹介しましたが、ゆったりと2・3泊することをお薦めします。
ゆったりとした時間の中で、島の方々との触れ合いを楽しみ、雄大な景色や壮大な歴史を楽しみ、島暮らしを楽しむ。それはきっと贅沢な時間となるでしょう。
壱岐での体験を楽しむなら、「壱岐体験型観光受入協議会」(通称:うけきょう)に相談してみては?壱岐の楽しみ方を教えてくれます。


お問合わせ先

壱岐体験型観光受入協議会
〒811-5135
長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦281-6  郷ノ浦港旅客ターミナルビル内
TEL.0920-47-5355 FAX .0920-47-5356



もっと!壱岐めぐり

e0198197_11593864.jpge0198197_11594950.jpg
壱岐一高い山、岳の辻(標高212.8m)の頂上に      岳の辻展望台から見た風景。
ある岳の辻展望台。                       画像中央にあるのは郷ノ浦大橋です。
ちなみに、長崎市の稲佐山は標高340m。          壱岐はほとんどが平地なので、遠くは対馬、
長崎の方には高さのイメージがしやすいでしょ        佐賀呼子、東松浦半島が望めます。
うか。


e0198197_1213958.jpge0198197_1214984.jpg
黒崎半島の先端にある猿岩。                  猿岩の裏側をパチリ!
遠く対馬の方を眺めているように見えます。          当然ながら、まったく猿には見えません。
あと、あくびをしているようにも見えませんか?        自然の織りなす偶然ってスゴイですね!


e0198197_1233969.jpge0198197_1234942.jpg
東洋一の砲台跡。実際には戦争中一度も使用す      壱岐のほぼ中央に位置する鬼の岩窟。
ることはなかったそうですが、美しい自然の中        前室・中室・玄室と羨道からなる石室は、県内
に、戦争があった事実を裏付けるものがあるこ        最長とのこと。
とが切なかったです。                      入口から玄室を眺めることができます。
これ以上戦争で生まれる遺物が増えないよう        ヒンヤリとした雰囲気で、今にも古代の人が出て
平和を願うばかりです。                     きそう~
                                   ちょっとビビりながら覗きました。(;一_一)


e0198197_125581.jpg清石浜から八幡浜にかけての風景。
八幡浜では5月から9月中旬にかけて海女さんによりウニ漁が行われるそうです。

芦辺町の八幡半島から石田町の錦浜にかけて、美しい海岸線が続き、マリンスポーツが楽しめる場所としても人気のスポットだそう。
砂浜も美しいのでお散歩してみてもいいかも。


e0198197_1263213.jpge0198197_1264042.jpg
平成22年3月にオープンしたばかりの一支国博        エントランスホールから、各展示入口を見上げ
物館に行ってきました。                      たところ。ブルーを基調とした博物館内は、
                                    幻想的な雰囲気でした。
【壱岐市立一支国博物館】                    実際に触れる遺物や床下展示などがあり、
 TEL:0920-45-2731                     まさに体感できる博物館。
                                    触って、作って考古学を楽しめるお子様用
                                    の体験メニューがあるそうです。
[PR]
by rural-nagasaki | 2010-11-02 12:09 | 漁業体験


長崎県は歴史観光だけではなく、山・海・川の自然もいっぱい。家族旅行やお子さまとの週末レジャー、もちろんお友達とも楽しめるおすすめの“るーらる(田舎)”情報を県庁スタッフがお届け!


by 県庁スタッフアサイ

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

パン職人から教わるパンづくり..
at 2014-09-22 17:10
長与町木場(こば)のだんだん..
at 2013-04-26 07:00
つしまのお家の泊まろう!(対..
at 2013-03-28 12:58
対馬へGO!(対馬市)
at 2013-03-27 16:52
のもざき物産センターのおすす..
at 2013-03-27 09:09

カテゴリ

★管理人自己紹介★
農山漁村に泊まる
自然体験
農業体験
漁業体験
食体験
工作体験
歴史体験・その他
イベント情報
お知らせ
スタッフデスクから

タグ

(33)
(31)
(26)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(7)
(7)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2014年 09月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

INFORMATION

このブログに掲載している情報については、不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。また、内容が時期によって変更している場合もございますので、予めご了承ください。画像・文章については、著作権法上認められた場合を除き、無断で引用・転載などはできません。
なお、無料ブログサービスを利用している都合上、広告が表示される場合がありますが、本ブログの内容及び長崎県が関係するものではありませんので、ご了承ください。


【お問い合わせ先】
 長崎県農林部農政課
 TEL:095-895-2915

【関連リンク】

るーらる長崎
 長崎グリーンツーリズム情報

Facebook

Twitter

人気ブログランキング参加中!

長崎県
旅行口コミ情報

その他のジャンル

画像一覧