何度も訪れたくなる島、小値賀。美しい自然と温かい人々との交流を楽しみました!(後編)

前編はこちら

小値賀の朝

e0198197_16355249.jpge0198197_16365590.jpg
小値賀、笛吹港から望む朝日。笛吹港にある       「あい菜市」のオープンは午前7時ですが、
直売所「あい菜市」へ向かう途中の風景。         準備中の6時半にはすでに大盛況の様子。
                                  9時にはもうほとんどの商品が売れてし
                                  まうそうです。
                                  ご近所の人とお喋りをする人もいて、
                                  交流の場にもなっているようでした。

e0198197_16444759.jpge0198197_1645272.jpg
昨日食べ残してしまったお刺身を、一晩タレ        じゃーん!豪華な朝ごはんとなりました…が、
に浸して漬け丼へ。                      なんとお味噌汁以外は、前日の晩ご飯を
高菜をのせたご飯の上に乗っけて…            アレンジしたもの。
ああ!美味しそう!                      さすが料理上手なヨシ子お母さん!
                                  いやぁ、本当に漬け丼美味しかった!!
                                  (*^_^*)
                                  トマトは今朝、あい菜市で購入したものです。

e0198197_16521582.jpgみんなで「いただきます!」の挨拶。
韓流ドラマのファンのきよすみお父さんは、銀のお箸がお気に入りなんですって。

「おかわりいらんね?」とヨシ子お母さんの声。
民泊の受入中に、お魚が食べられるようになった子や、朝ご飯を食べない子がしっかりと食べるようになった事など、思い出を嬉しそうに話してくれました。

なんだか親戚のお家にいるみたい。
とても居心地良く過ごさせていただきました。


e0198197_16534758.jpg
お別れの朝、記念写真。(右上から時計回りに、樋口さん、ヨシ子お母さん、増永、きよすみお父さん)
家族や親せきを迎えるように、ありのまま受け入れてもらいました。

「ヨシ子お母さんの、『決してお金を掛けなければおもてなしが出来ないというわけではない。地元小値賀のものを使い、手を掛けるというおもてなしを心がけている』という言葉が心に残りました」と樋口さん。
郷土料理作り体験も『失敗して当然だから』というお母さんの声掛けのお陰で、プレッシャーにならずに体験を楽しめたそう。


e0198197_16543810.jpgヨシ子お母さんが笛吹港までお見送りしてくれました。
右の方は、おぢかアイランドツーリズムの亀津さん。小値賀での体験や滞在先などコーディネートしていただきました。まずは小値賀でやりたいことを相談してみてはいかがでしょうか。
色々と小値賀での過ごし方を提案してくれますよ。

「小値賀の人の温かさに心を打たれたました」と名残惜しそうな樋口さん。
また一緒に来ようと約束し、小値賀を後にしたのでした。


■今回の小値賀体験民泊スケジュール
■11/15(月)
8:00~ 高速バス(長崎駅前ターミナル発)…往復割引¥1,305
10:35~ フェリーなるしお(佐世保港発)     …¥2,730
14:30~ 小値賀港着 おぢかアイランドツーリズム協会 受付
       民宿ちとせ 着       …(素泊まり)¥4,000
18:30~ 古民家レストラン 継承「藤松」でお食事
      ※事前の予約が必要です。

■11/16(火)
7:25~ 野崎島ガイドツアー
15:30~ 民泊民家と引き合わせ、民家へ移動(民泊民家きよすみ)
17:00~ 郷土料理づくり体験
18:30~ 食事
20:30~ お風呂および民泊民家と団らん

■11/17(水)
6:30~ 直売所(あい菜市)、小値賀漁協見学
7:20~ 朝食
8:10~ 小値賀島内散策
   (姫の松原~柿の浜海水浴場~浜崎鼻キャンプ・ゴルフ場
    ~ポットホール~斑島灯台周辺~地の神嶋神社~歴史民俗資料館)
10:15~ 小値賀港着 おぢかアイランドツーリズム協会にて精算
              野崎島ガイドツアー   …¥4,200
                別途要(町営船運賃 往復¥1,000)
                 〃   (施設利用料  ¥500)
              民泊体験        …¥6,300
              郷土料理づくり体験   …¥2,100
10:30~ 直売所(あわび館)見学
10:50~ 高速船シークイーン(小値賀発)     …¥4,690
12:40  佐世保港着
13:30~ 高速バス(佐世保バスセンター発)…往復割引¥1,305

※記載の交通機関および所要時間などの情報は2010年11月時点でのものです。
  変更となる可能性がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。


お問合わせ先

NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会
〒857-4701 長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2791-13
TEL.0959-56-2646 FAX .0959-56-3530







小値賀ぶらり
e0198197_1743511.jpge0198197_1745868.jpg
美しい松の並木道の「姫の松原」。              柿の浜海水浴場です。
この松並木を抜けると小学校と中学校そして         ちょっと満潮で砂浜が見えません。
高校があります。

e0198197_1753448.jpge0198197_1754712.jpg
柿の浜海水浴場から岩場を進んだ先にある        透明度が高く透き通った海水と、火山岩で
入り江状になった場所。サラサラの砂浜で         出来た浜辺。何だか日本じゃないみたい!
海水浴にもってこい!                     ため息が出るほど美しい光景でした。
ヨシ子お母さんとっておきの穴場だそうです。

e0198197_1762249.jpge0198197_176363.jpg
浜崎鼻から見える五両だき。                 浜崎鼻キャンプ場にあるゴルフ場。対岸には
「だき」って崖のことだそうです。               五両だきが望めるこの絶景ゴルフ場で、民泊
ちょっと霞んでいますね。残念!               先のきよすみお父さんも練習しているそうです。
                                  エアゴルフでナイスショット?!

e0198197_17172034.jpge0198197_17173047.jpg
ポットホールというものがあると聞き、斑島          これがポットホール。溶岩(玄武岩)の裂け
の玉石鼻へやってきました。                  目に直径50センチの玉石が入っています。
なだらかな草原の先は見渡す限りの海。          荒波で玉石が回転し、おおよそ6千年掛けて
なんだか信じられないほど雄大な光景でした。       穴と玉石がこのような形に研磨されたそうです。
気持ちが大きくなれます!                  縄文時代からのものが今も見れるってスゴいと
                                  思いませんか?!

e0198197_17174924.jpge0198197_17175824.jpg
斑島サンセットロードからの眺め。              斑島園地からは藪路木島、古路島、大島、
噴火が原因でできた島々が見えます。           宇々島が見えます。
                                  遠くに霞んで見える島々は上五島だそうです。

e0198197_17183085.jpge0198197_17184061.jpg
前方郷にある地ノ神嶋神社へやってきました。次々と鳥居をくぐり抜ける先にはなんと「海」。
対岸に見える野崎島にある沖の神嶋神社と対をなしているそうです。遣唐使の航海の安全を祈願して、704年に創建されたといわれているとか。
神社巡りがお好きな方は訪れてみてはいかがでしょうか。

e0198197_17191038.jpg
地ノ神嶋神社の本宮。
残念ながら火事で焼失したため、704年に建てられたものではないそうです。
本宮を正面に見て左側には舞などを踊っていた舞台跡が残されています。

野崎側の沖の宮と合わせて、神嶋宮と呼ぶそうです。

小値賀ではよく寺社やその跡が見られます。


e0198197_17193953.jpge0198197_1720340.jpg
笛吹郷の街なかにある小値賀町歴史民俗資料       小田家のお茶室。お殿様をお迎えする間など
館です。                              があり、立派な造りでした。
捕鯨業で財をなした小田家の屋敷跡を利用し        
ているそうです。捕鯨の道具や小値賀島の         <小値賀町歴史民俗資料館>
歴史資料物を展示しています。               北松浦郡小値賀町笛吹郷字木ノ下1931
小値賀の歴史を知るなら、まずはこちらを         電話:0959-56-4155
訪ねてみてはいかがでしょうか。              開館:10~18時(10~3月は9~17時)
                                 休館日:月曜・毎月25日・年末年始
                                 入館料:100円


GT(ごちそう・たべあるき) ~ 古民家レストラン 継承「藤松」

e0198197_17231333.jpgGT。ここではグリーン・ツーリズムの略ではなく、
「ごちそう・たべあるき」のGTと呼ばせていただきたい。(^o^)丿
旅の楽しみのひとつである「美味しいもの」をご紹介いたします。

前方郷筒井浦港そばにある古民家レストラン・継承「藤松」は、今年9月にオープン。
捕鯨や酒造りで財をなした築160年の藤松家を改修したレストランです。
料理長の土屋さんはグランドハイアット東京やコンラッド東京などのホテルやスイスのレストランで腕を振るわれていた方。料理長のこれまで学ばれた日本料理と、小値賀の豊かな海と大地の恵みが融合した創作和食料理が楽しめます。

e0198197_172439.jpge0198197_17241549.jpg
格子戸を開いた先にあるホール。画像では         スタッフの原田さんが藤松内を案内してくれ
分かりづらいかもしれませんが、奥行と吹          ました。藤松についてなんでも答えてくれる
き抜けがある広々とした空間となっています。        エキスパートです!

e0198197_17243660.jpge0198197_1724503.jpg
ホール上の空間。梁や柱は当時のままのもの。       東洋文化研究者のアレックス・カー氏が
改築にあたって手を加えたのは床を張り替え        小値賀の古民家再生をプロデュースしており、
たぐらいだとか。                         この藤松内で使用している家具も全てカー氏
立派な造りだったことがうかがえます。            のプロデュース。
                                   現在は寛ぎの場ですが、いずれは2階をバー
                                   や喫茶コーナーとする予定だとか。
                                   大人が寛げるモダンで重厚な空間です。

e0198197_1725616.jpge0198197_17251518.jpg
お手洗いの手洗い場に貼られているタイルは、        海からの表玄関である藤松家専用船着き場
藤松家のお風呂場で使われていたものを磨いて       から続く槙の木の並木道。ライトアップさ
再利用したそうです。                       れて幻想的でした。
今と違って、一枚一枚手書きで描かれています。      昼間には正面に野崎島が見えるこの専用
160年前に建てられたことを考えれば、相当な        船着き場で、大まかな鯨の解体作業が行わ
お金持ちだったことが分かります。               れていたそうです。
この緻密な柄が手書きだなんて!

e0198197_17261698.jpge0198197_17262990.jpg
藤松では、小値賀の食材を使用した創作和食       こちらは煮物(モスひきとおし 酒粕仕立て)。
料理を提供してくれます。                   モスとは小値賀での呼び名でヒラスズキの
写真は焼物(カマスの一夜干し、猪肉すき焼        ことだそう。
き、焼き芋)。                          ホクホクのモスと酒粕で仕立てたお味噌が
カマスは、レモン汁を掛けてさっぱりとした         よく絡み、美味しい!!
お味で、お酒が進みそう。猪肉のすき焼きは、       この美味しさを語り分ち合いたいのに、
実は食べたとき牛肉だと勘違い。(後でおしな       ひとりだなんて~(>_<)
がきを見て気付く私)                      「う~ん、うまい!」と、ひとりつぶやく私。
それほど柔らかくて臭みがなく美味しかったんです!

e0198197_17265849.jpge0198197_17271053.jpg
贅沢な雰囲気の座敷。飾られているお皿や         藤松のプロデューサー、カー氏がこだわった
蒔絵の重箱は、藤松家や他の古民家から          一枚板の掘りごたつ式大広間。
出てきたものを飾っているそうです。

e0198197_17273058.jpgライトアップされた回遊式庭園は、当時のまま利用しているそうです。どこを見ても絵になり素敵です!

シンシンとした静けさの中で、空間を楽しみ、舌で味わう。大人の贅沢な時間を楽しめるレストランでした。
気軽に楽しめるランチもあるそうですので、小値賀へ訪れた際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


継承 藤松 ふじまつ

所 在 地: 長崎県北松浦郡小値賀町前方郷3694
営業時間
ランチ :11:30~14:00(L.O.13:00)
     定食 950円より
ディナー:18:00~23:00
     (L.O.21:30 ※ドリンクL.O.22:00)
     コース 5,000円より(※要予約)
定 休 日:毎週水曜日
電 話 :0959-56-2646(おぢかアイランドツーリズム)
[PR]
by rural-nagasaki | 2011-01-11 10:30 | 農山漁村に泊まる


長崎県は歴史観光だけではなく、山・海・川の自然もいっぱい。家族旅行やお子さまとの週末レジャー、もちろんお友達とも楽しめるおすすめの“るーらる(田舎)”情報を県庁スタッフがお届け!


by 県庁スタッフアサイ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

パン職人から教わるパンづくり..
at 2014-09-22 17:10
長与町木場(こば)のだんだん..
at 2013-04-26 07:00
つしまのお家の泊まろう!(対..
at 2013-03-28 12:58
対馬へGO!(対馬市)
at 2013-03-27 16:52
のもざき物産センターのおすす..
at 2013-03-27 09:09

カテゴリ

★管理人自己紹介★
農山漁村に泊まる
自然体験
農業体験
漁業体験
食体験
工作体験
歴史体験・その他
イベント情報
お知らせ
スタッフデスクから

タグ

(33)
(31)
(26)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(7)
(7)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2014年 09月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

INFORMATION

このブログに掲載している情報については、不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。また、内容が時期によって変更している場合もございますので、予めご了承ください。画像・文章については、著作権法上認められた場合を除き、無断で引用・転載などはできません。
なお、無料ブログサービスを利用している都合上、広告が表示される場合がありますが、本ブログの内容及び長崎県が関係するものではありませんので、ご了承ください。


【お問い合わせ先】
 長崎県農林部農政課
 TEL:095-895-2915

【関連リンク】

るーらる長崎
 長崎グリーンツーリズム情報

Facebook

Twitter

人気ブログランキング参加中!

長崎県
旅行口コミ情報

その他のジャンル

画像一覧