人気ブログランキング |

タグ:九州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012 ( 11 ) タグの人気記事

九州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012in長崎 2日目

1日目からの分科会は、高島エリアに参加しました。
よろしければこれまでの記事も読んでみてくださいね。

1日目
軍艦島クルーズ体験
・高島に戻り、分科会に参加
・海水温浴スパ「いやしの湯」を体験
ヒラメしゃぶしゃぶを堪能

2日目午前中
高島炭鉱歴史散策
e0198197_13484695.jpg

そして、2日目の午後は、シーハット大村に移動し、
スローフード大交流会シンポジウム全体会に参加しました。
e0198197_15659100.jpg

スローフード大交流会では、
県内各地の郷土料理を中心に集められ、
見ているだけでも楽しいものとなりました。
e0198197_1572187.jpg
e0198197_1573373.jpg
e0198197_1573845.jpg
e0198197_15204270.jpg

バナナの収穫体験の出張イベントは大いに盛り上がっていました!
みなさん、こぞって収穫を楽しんでいました。修羅場のよう(笑)
e0198197_158532.jpg

おなかを満たした後は、シンポジウム全体会です。
大会会長、長崎県知事のあいさつに始まり、約3時間行われました。
e0198197_15112055.jpg

グリーンツーリズム活動現状や各地での分科会の報告に基づき、
パネリストらがディスカッションを行い、
成功話や苦労話を共有しました。
e0198197_1512129.jpg

何かひとつ始めたら、何かが始まるかも
人との交流があってリピーターになると思う
私はこのふたつの言葉が心に残りました。

こうして、年に一度の盛大な九州グリーンツーリズムイベントが終了しました。
e0198197_15212835.jpg

農山漁村での交流活発化することを願い、
事務局の方々と決意を新たに記念撮影しました。
e0198197_15183720.jpg

あるひとりの事務局の方が、
「地元に帰って農業を手伝い、来年は私が実践者になります!」と。
達成感希望に満ち溢れている彼女をみて、私も刺激をもらいました(^o^)


------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2013-01-15 10:04 | スタッフデスクから

高島ヒラメ!(長崎市)

炭鉱の匂い残る高島軍艦島クルーズと炭鉱の歴史が続きましたが、
高島では、今、ヒラメが一押し!
高級魚といわれるヒラメ高島では養殖しています。
e0198197_16231867.jpg

宿泊した民宿「五平太」にて、
高島で一押しのヒラメをいただきました!
e0198197_16391589.jpg

今回は、ヒラメのPRということで、ヒラメのオンパレード。
お寿司、カルパッチョ、フライ、串カツ…
お寿司は、お塩で食べました。ヒラメの味がよくわかって美味しかったです^^
e0198197_16215237.jpg

そして、私の一押しは、ヒラメしゃぶしゃぶ
しゃぶしゃぶ用に厚めに切ったヒラメは、
お刺身としても、もちろん美味しい!
e0198197_1085960.jpg

うわ~、今、書きながら生唾が出てきました~ (゚ρ゚)
極めて海の環境に近い状態で育てているためか、
天然魚に引けを取らない味でした。

高島の方は、羨ましいことにお刺身を食べ飽きているそうで、
お吸い物に余ったお刺身を入れて食べてみたところ、
なかなかイケるじゃないの~ってことで、定番化したそうです。

さあ、忘年会・新年会は、高島でヒラメしゃぶしゃぶで決まりですね!
e0198197_1016545.jpg

長崎港から船で35分とアクセスもよいので、
船旅を楽しみつつ、いつもとは少し違う宴会を企画しませんか?

ヒラメしゃぶしゃぶなどは、
小林食堂さんで食べることができます。

高島港からの最終便は、21時42分
もっとしっかり食べたい、飲みたい方は、以下の2か所で宿泊OK

・しまの宿「五平太」(095-896-2197)
・民宿「うりんず」(095-896-2277)

翌朝は、ヒラメの漬丼が食べられるかも!(要問合せ)
e0198197_168418.jpg

海水温浴スパ高島いやしの湯」で健康的に一汗かくのもおすすめ。

保温効果、皮膚や粘膜の浄化効果、傷の治癒を早める効果など、
さまざまな効果があります。

1月から3月にかけ、長崎さるくの企画も予定されていますので、
ぜひご参加ください♪
冬はホットHOTに!高島ひらめdeしゃぶしゃぶと海水温浴体験
中垣内先生と行く健康いきいき高島アイランドテラピー

【小林食堂】
 長崎市高島町2706
 TEL:095-896-2029(090-8226-7939)
 営業時間:10:00~20:00
 定休日:日曜日
 ※予約の場合は、定休日、時間外も営業
 ※ヒラメしゃぶしゃぶは、
  2~3人前で3,000円より対応できます。要事前予約。
 ※その他もお気軽にご相談ください。 

やったろうde高島
 長崎県長崎市高島町2709番地5
 TEL:095-896-3510

海水温浴施設アイランドテラピー 高島いやしの湯
 長崎市高島町2706-19
 TEL:095-896-2345
 営業時間:9:30~21:30
 休館日:毎週木曜日
 ※往復乗船券のついたお得なパック料金もあります。

今までにご紹介した長崎市の体験記事もご一読あれ!

------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2013-01-10 17:08 | 食体験

軍艦島クルーズ(長崎市)

昨日、高島が長崎の炭鉱開発の発祥である話を書きました。

今日は、高島炭鉱の端島支所であった『軍艦島』について、
書こうと思います。
e0198197_131562.jpg

高島で石炭を発見した「五平太」の名前をとり、
石炭を「五平太」と呼んでいたこともあったそうですが、
貴重な石炭を「ブラックダイヤモンド」と呼んでいたこともあったそうです。

それにちなんだ名前のブラックダイヤモンド号で、
軍艦島クルーズを体験しました。
e0198197_1316392.jpg

軍艦島に向かう道中からガイドをしてくれます。
写真は、三菱の造船所です。
e0198197_13163948.jpg

実は以前にも1度、同じ船を利用したことがあり、
2度目だったのですが、違う切り口のお話も聞くことができました。
同じ説明ばかりではないんですね!
e0198197_13172472.jpg

長崎港から出発して、
途中、高島の石炭資料館に立ち寄り、
軍艦島全体を表した模型で説明を受けました。
e0198197_13215344.jpg

周囲1.2キロ走ると4分くらいで一回り出来てしまうような小さな島に、
最盛期は、約5,300人もの人が住んでいたそうです。
e0198197_14142374.jpg

軍艦島は元々岩礁の無人島でした。
土がないため、屋上に米や麦を植えたそうです。
日本で初めての屋上緑化です。
e0198197_1424044.jpg

高島で予備知識を蓄え、軍艦島に上陸しました。
e0198197_14295967.jpg

日本最古鉄筋コンクリート造の高層アパートが残っています。
一時、人口密度は、東京都の9倍!もあったそうですが、
ガイドの方曰く、炭鉱の仕事は24時間体制で交代制であったため、
6畳間に数名住んでいても可能だったとか。
とは言っても、良い住環境だったわけではないでしょうね。
e0198197_14314376.jpg

仕事は命がけです。
写真の中央より右にあるのは、炭鉱の現場に降りていくためのエレベーターです。
手すりくらいしかない台に乗って、
時速約20キロスピードで降りていくそうです。
e0198197_14415655.jpg

下に着いた途端に失神していた人もいたそうですし、
気温30度湿度95度という過酷な条件の中で仕事をしていたと聞いて、
どんな思いでこの階段を上り下りしていたかと考えると苦しくなります。
e0198197_14425019.jpg

近所の人、むしろ島全体が家族のようなものだったと言います。

ガイドの方の話で、
軍艦島に住んでいた人が何十年ぶりに軍艦島に訪れ、
ご案内された際に聞いたという言葉が私も心を打たれました。

家族のようにしていた島の人たちともそれきりになってしまった
 故郷が現実的になくなったことが、
 島がなくなったことよりも、寂しい、悔しい。」

普通の故郷は、故郷に帰れば家族や家族のように親しんだ人たちが迎えてくれます。
そこに人がいるから、
故郷への思いが高まり、田舎への定着につながるのだなと気付くことができました。



最後に、この角度から。
e0198197_1394125.jpg

9月にあった台風の影響で、
防波堤が崩れてしまったため、この角度からの撮影が可能でした。
日々、自然に還っていっている軍艦島を一度体験してみてください。

------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2013-01-09 15:21 | 歴史体験・その他

炭坑の匂い残る高島(長崎市)

今日は、ちょっと文章が多いです。
読みづらかったらすみません。


サンゴ礁のある素晴らしい海を持つ高島は、
炭坑開発によって軍艦島(端島)と供に日本のエネルギー産業を支えた島です。
e0198197_15154173.jpg

ここ高島は、炭坑の島であったことを感じさせる生活風景が多く残っています。
もちろん、端島は、もっとそのままです。

1986年に閉山した高島炭坑
長崎の炭坑の歴史を高島抜きには語れません。

全ては1695年、「五平太」という人物が、
高島で石炭を見つけたことに始まります。
草刈りや家畜を育てていたところに、
たまたま石に火がついたことを発見したとの話。

1868年、トーマス・B・グラバー炭鉱開発の経営に着手しました。
グラバー別邸跡が高島にあります。
e0198197_14455380.jpg

1869年、グラバーさんがエンジンによる立坑を開坑し、
直下に掘り進める技術を取り入れました。
e0198197_15114095.jpg

これにより大量に採炭できるようになったそうです。
この開坑がなければ、端島が炭坑の島になることはなかったでしょう。

ここ北渓井坑跡(ほっけいせいこうあと)から長崎の炭坑の歴史は始まりました。
e0198197_159943.jpg

その後、お侍さんから産業人になった後藤象二郎の蓬莱社、
岩崎弥太郎の三菱社に経営が渡りました。

高島で一番高い標高権現山公園の展望台から、
端島を望むことができます。
かつて、この島が煌々と光っていたことを思うと不思議でなりません。
e0198197_15263437.jpg

経営者や日本の経済成長の栄光の影で、
多くの人が犠牲になっている事実もあります。
それは、高島神社の傍らに残されています。
e0198197_15403187.jpg

1906年(明治39年)に発生した蠣瀬の坑内ガス爆発で307名が殉職し、
鎮魂のために建立された慰霊碑があります。
e0198197_1559775.jpg

案内していただいた高島さるくガイドの田崎さん曰く、
表に出されていない事故もたくさんあったと思うとのこと。

私たちは、なんやかんやいっても華やかな時代を生きていると思います。
多くの人達の犠牲の上に、
今の平和な生活があることに感謝しなくてはいけないと思いました。

次は、軍艦島(端島)を取り上げます。

------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2013-01-08 18:47 | 歴史体験・その他

九州グリーン・ツーリズムシンポジウムにて高島のオフシーズンを考える(長崎市)

★新年、明けましておめでとうございます★
★本年もどうぞよろしくお願いいたします★


さて、2013年一発目のブログスタートです。

平成24年12月5日、6日に行われた
九州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012in長崎

5日は、長崎県内7エリアにて分科会が行われ、
実際に長崎のグリーン・ツーリズムを体験しました。

私は、「高島エリア」に参加してきました。
周囲6.4キロの小さな島です。

長崎港から高速船で35分
長崎駅から長崎港までは、路面電車で『大波止』まで行きます。
徒歩でも行ける距離です。アクセス上々とても近い島です。
e0198197_1319536.jpg

三菱石炭鉱業株式会社の主力炭鉱があった高島は、
軍艦島(端島)と共に炭坑で栄えた町です。

現在は、ハワイよりもきれいな海、サンゴ!を売りに、
シュノーケリング人気が年々高まっています。
ビーチから入ってすぐ美しいサンゴを見ることができるそうです!(写真:やったろうde高島提供)
e0198197_9435312.jpg

ただ、その人気も夏季限定 ( ´_ゝ`)
5月から長くて11月までです。

今回の分科会のテーマは、
11月~4月のオフシーズンにどんな魅力を掘り起こし
多くの方に島に遊びに来ていただくかを考えるものとなりました。
e0198197_13593435.jpg

分科会の場面では、他地域の例など様々な話が飛び交いました。
これから冬の高島がどう魅力付けされていくのか楽しみですね。
充電期間として休むというある意味潔い案もありましたが…(^_^;)

今回、私がオフシーズンの高島で見てきたもの食べてきた魅力的なものを、
数回に渡って、お伝えしたいと思います。
お楽しみに!

やったろうde高島
 長崎県長崎市高島町2709番地5
 TEL:095-896-3510
 
------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2013-01-07 09:52 | 歴史体験・その他

1年で途絶えた長崎の貿易港(西海市)

12/5、6の2日間にわたり開催される九州グリーン・ツーリズムシンポジウム
ついに当日となりました。

私もこれから1泊で参加してきます!

しばらくブログが滞りますが、その代わり、
本日と明日、参加状況Facebookで即時アップしていく予定です。
もしよかったら、いいね!でウォッチしてみてくださいね。




さて、本日の記事です。

海の駅 船番所」にて、みかん狩り体験芋掘り体験
そしてランチバイキングを楽しんできましたが、
そもそも「船番所」ってどんなところなのでしょう。
e0198197_1535369.jpg


船番所のある横瀬浦は、長崎の出島よりも前に南蛮船が到着したといわれ、
たった1年だけ、貿易港として栄えた港だそうです。(横瀬浦公園から撮影)
e0198197_14431828.jpg

内乱さえなければ、今の長崎は横瀬浦が中心だったかもしれませんね。
幻のような貿易港!

船番所から半球型の八ノ子島が見えます。
e0198197_14465540.jpg

拡大するとよく分かると思いますが、
山の頂に白い十字架があるのが分かりますか?
カメラ好きにはたまらないロケーションでしょう。かっこいー!
e0198197_14491064.jpg

南蛮貿易が行われていた当時、3晩続けて八ノ子島上空に十字架が浮かび上がり、
それを目撃した南蛮船の船長が立てさせたと伝えられているそうです。

まさに歴史ミステリーw(゚ロ゚)w

現在の十字架は、開港400年を記念して、再建されたものです。
ちなみに今年は、450年。
顔はめパネルもありますよ。
e0198197_1642090.jpg

どう考えても、ここに顔をはめ込んだら、「顔面集中」になると思うんですが・・・

通常、島に渡ることはできませんが、
佐世保湾を周遊するボートがあるそうです。
e0198197_14582681.jpg

ご興味ある方は、船番所までご連絡を。

【海の駅 船番所 グリーンツーリズム事務局】
 長崎県西海市西海町横瀬郷3550-3
 TEL:0959-32-2345
 店休日:年末・年始


------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2012-12-05 10:22 | 歴史体験・その他

九州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012実行委員会

12月5日(水)~6日(木)に開催される
九州グリーンツーリズムシンポジウム2012 in 長崎」の
実行委員会に出席してきました。
e0198197_14291364.jpg

いよいよ来週に迫ってきましたので、
全体の打ち合わせとしては最終です。

各地域の告知努力の結果、目標数を大きく上回り、
参加申込者数が650人以上になりました!!
この2日間は県内外の多くの人が長崎の田舎暮らしを体験します。
e0198197_14441389.jpg

万が一悪天候で船が出なかった場合の離島地域をどうフォローするかなど、
当日の具体的な流れや懸念事項、細かい部分のすり合わせを行いました。

2日目には、シーハットおおむらにて、
各地域の郷土料理を集めたスローフード大交流会が行われます。

立食用の器が紹介されました。
コップが入れられるトレー。
波佐見焼のコップは、お持ち帰りOkだそうです♪
e0198197_14465195.jpg

のぼりや帽子も完成。
あとは、オリジナルジャンパーで、
当日は賑やかに会場を盛り上げていきますよ。
e0198197_14414750.jpg

写真を撮っていたら、
すすんで帽子モデルになってくれたまつうら党交流公社の和田本部長。
当日は、和田本部長も盛り上げ役です(笑)
e0198197_14453947.jpg



------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動、体験メニューの検索ができます。

≫≫≫今日は何位かな?人気ブログランキングに参加しています!

Facebook≫≫≫遊びに行ってみたくなる写真を中心に投稿!

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2012-11-29 10:12 | イベント情報

九州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012in長崎の進捗状況

実行委員会事務局のお2人が打ち合わせにみえました。

ここ2週間くらいで参加希望者がドドドッと増えたそうです。
ひとまず安心ですね。
e0198197_1653723.jpg

県内外から数百人のお客様が長崎グリーン・ツーリズム
体験しにやってきます。

長崎郊外の大きなPRになることでしょうし、
人との出会いや新しい発見もたくさんありそうだねと
事務局ともども当日を楽しみにしています。
あと1ケ月・・・これから具体的準備に忙しくなりそうです。

一般の方も参加OKですよ。
田舎ぐらし田舎体験に興味のある方、
この機会に参加してみてはいかがでしょう?


さ、私はどこのプランに参加しようかな~^^


詳しくは、州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012in長崎公式サイトへ。



------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

≫≫≫ポチっとな。人気ブログランキングに参加しています!

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズム(田舎体験型観光)情報を載せています。

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2012-11-05 11:14 | スタッフデスクから

完成パンフレットが届きました!

12月に行われる九州グリーン・ツーリズムシンポジウムの

案内パンフレットが完成し、こちらにも届きました!

e0198197_11584763.jpg

事務局の汗と涙がしみ込んだ中身の濃い内容になっております。

一般の方も参加OKなんですよ。

詳しくは、「九州グリーン・ツーリズムシンポジウム2012in長崎」公式サイト、

もしくは下記問合せ先へ。


【問い合わせ事務局】
 
 九州グリーン・ツーリズム シンポジウム2012in長崎 実行委員会事務局
 (有)シュシュ内
 TEL:0957-55-5288(担当:吉村・神崎)



------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

≫≫≫ポチっとな。人気ブログランキングに参加しています!

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズム(田舎体験型観光)情報を載せています。

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2012-09-26 08:30 | スタッフデスクから

会議に参加してきました!!

九州グリーンツーリズムシンポジウム2012実行委員会の

会議に参加してきました。


e0198197_10152179.jpg


スケジュールやプラン、料金の内容確認を行いました。

それぞれの地域の特徴が出た個性的な企画になっています。



修学旅行受け入れのノウハウや、シーズンオフ対策

島で仕事をつくり暮らしている実際の方の話…など

シンポジウムに参加いただくみなさまに、

実際に宿泊体験をしてもらって、ヒントを持ち帰っていただけるような企画が揃っています。


e0198197_10394049.jpg


台風の影響で、参加できないところもありましたが、

なんと小値賀町の「おぢかアイランドツーリズム協会」さんは、

前々日入りしていたそうです!ガッツを感じますね。

素敵なホームページもありますよ。コチラ



まだまだ決めなければいけないことや課題が山積みです。

事務局のひょえ~という声が聞こえてきそうでした(・。・;



------------------------こちらもヨロシク!!----------------------------

≫≫≫ポチっとな。人気ブログランキングに参加しました!

るーらる長崎≫≫≫グリーン・ツーリズムの活動を載せています。

農政課公式ツイッター≫≫≫長崎県内各地のイベント情報などをつぶやいています。

--------------------------------------------------------------------
by rural-nagasaki | 2012-09-04 08:48 | スタッフデスクから


長崎県は歴史観光だけではなく、山・海・川の自然もいっぱい。家族旅行やお子さまとの週末レジャー、もちろんお友達とも楽しめるおすすめの“るーらる(田舎)”情報を県庁スタッフがお届け!


by 県庁スタッフアサイ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

パン職人から教わるパンづくり..
at 2014-09-22 17:10
長与町木場(こば)のだんだん..
at 2013-04-26 07:00
つしまのお家の泊まろう!(対..
at 2013-03-28 12:58
対馬へGO!(対馬市)
at 2013-03-27 16:52
のもざき物産センターのおすす..
at 2013-03-27 09:09

カテゴリ

★管理人自己紹介★
農山漁村に泊まる
自然体験
農業体験
漁業体験
食体験
工作体験
歴史体験・その他
イベント情報
お知らせ
スタッフデスクから

タグ

(33)
(31)
(26)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(7)
(7)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2014年 09月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

INFORMATION

このブログに掲載している情報については、不完全な記述や誤植が含まれる場合があります。また、内容が時期によって変更している場合もございますので、予めご了承ください。画像・文章については、著作権法上認められた場合を除き、無断で引用・転載などはできません。
なお、無料ブログサービスを利用している都合上、広告が表示される場合がありますが、本ブログの内容及び長崎県が関係するものではありませんので、ご了承ください。


【お問い合わせ先】
 長崎県農林部農政課
 TEL:095-895-2915

【関連リンク】

るーらる長崎
 長崎グリーンツーリズム情報

Facebook

Twitter

人気ブログランキング参加中!

長崎県
旅行口コミ情報

その他のジャンル

画像一覧